こもれびゅーklog.webcrow.jp

ようこそ こんばんは! 

本日は、平成 31年 8月 20日 (火)

藤田金属 スイト 匠の技 鉄フライパン 28cm 0641092015年6月30日(火)

製品パッケージ・外観

FUJITA_KINZOKU-拡大画像-01 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-02 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-03 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-04 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-05 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-06 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-07 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-08 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-09 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-10

購入情報・製品仕様

購入情報purchase information
購入日時 2014年 6月頃
購入場所 amazon.co.jp
購入金額 1664円
製品仕様product specifications
メーカー名 藤田金屬株式会社
材質・素材 本体=普通鋼板(板厚1.6mm)
取手・つまみ=アルミ+フェノール樹脂
表面加工 クリアー焼付塗装
サイズ(cm) 約 28.0×46.0×10.5(深さ約 6.0)
底面径約 20.5
重量(g) 1160
容量(l) 約 2.7
生産国 日本

購入先情報(販売店へのリンク)

製品レビュー

製品の概要

藤田金屬株式会社が製造・販売しています、直径28cmの鉄製フライパンです。

製品の特徴(メーカーHP等より引用・抜粋)

■熱伝導率が良く、保温性が高い鉄の特性で食材をふっくらと焼き上げることが出来ます。


■鍋肌に油がしっとりなじみ、余分な「油分」「水分」が食材に戻らないから美味しく調理出来ます。


■使い込めば使い込むほど油なじみが良く、焦げ付きにくくなり、長く使うほど愛着がわきます。


■200V!!(電磁調理器)対応商品!!


■IH以外の熱源(ガス・シーズヒーター・ハロゲンヒーター等)にも対応。


■握りやすく、熱くなりにくい持ち手。


■アップハンドルタイプで蓋ものせやすい。


■鉄だから、安全長持ち。


■板厚1.4~1.6mmで丈夫!!


引用元:http://www.fujita-kinzoku.jp/products/detail.php?product_id=41

デザイン

シンプルなデザイン。

外観全体ズームアイコン

外観全体。

取っ手部分はフェノール樹脂製、フタを乗せやすい形状となっています。

取っ手部_01ズームアイコン

取っ手部分。

取っ手部_02ズームアイコン

フタを乗せやすい形状の図解。

使用感

テフロン・樹脂コーティングされたフライパンを今まで使用してきましたが、如何せん長く保ちません。

いろいろと調べてみると、取り扱いは少し手間な様ですが、鉄製のフライパンの評判・クチコミが良い様なので、鉄製フライパンを購入してみました。

「手頃な値段」で、「持ち手が木製かフェノール樹脂素材の物」を条件として選んだ結果、本製品の購入に至りました。


まず、使いはじめる前

付属の取り扱い説明書にも記載されていますが、フライパン表面に「錆止めとしクリアー塗装」が施されているので、まずそれを剥がす必要があります。

方法は、『大さじ4~5杯の油を入れ加熱→煙が出てきたら弱火にし焼く→キッチンペーパー等で油を拭き取る→冷めてからフライパンを水洗いする。』(付属の取り扱い説明書より抜粋。)

少し手間ですが、始めの一回のみなので、良しとします。因みに「錆止めとしクリアー塗装」は無害だそうです。


錆止めとしクリアー塗装の除去前後でフライパンの色が変わりました。(焦げているだけ?)

クリアー塗装除去前ズームアイコン

クリアー塗装除去前。

クリアー塗装除去後ズームアイコン

クリアー塗装除去後。

Amazonのレビューを見てみると、まだ上手くクリアー塗装が剥がれていない感じの色み。もう少し空焚きする必要があるのか?。

重さは「約 1.2kg」ありますが、鉄素材の割に軽い印象を持ちました。


取っ手部分が少しアーチ状になっている事もあり、大変持ちやすいです。

取っ手部分ズームアイコン

取っ手部分の形状。

サイズはフライパンの縁の直径で28cmとなっていますが、底部の平らな部分の直径は約 20.5cm。

取っ手部分ズームアイコン

底部から縁部にかけて、逆ハの字・Rがついている。

チャーハンや野菜炒めをしてみましたが、まず「焼きの音」の違いを感じました。

いままでのフライパンよりも焼き時の音が「高く」、熱伝導率が良いので温度が高いのが要因なのかと考えてしましました。

出来上がった食材も、気持ち?パリっとした感じでした。


火加減にもよると思いますが、こびり付きは皆無でした。



使用後の洗いに関しては、しつこい汚れが付かないので、たわし等とお湯でささっと濯ぐ程度を終わります。

洗った後は、薄く油を引いておくだけ。

(油を引いておくのが手間といえば手間ですが...。)

総評

使い始めたばかりの為、まだ油が馴染んでいない感はありますが、熱通りも良く、油を引いていれば焦げ付きにくく、非常に使いやすいです。

使い続ける事でフライパンに油が馴染み、焦げ付きにくくなる様で、大変楽しみ。


お手入れさえしっかりして行けば、テフロン加工等々されたフライパンよりも長く使えますし、テフロン加工等のフライパンを何回も買い換える事を考えれば、コストパフォーマンスは抜群に良いと思います。



もっと早めに鉄製フライパンにしておけば良かった...。

その他・備考

商品詳細 (藤田金属 HP)

タグ

購入先情報(販売店へのリンク)

コメント欄(入力及び表示)

お名前
メールアドレス
件名
コメント
編集・削除キー
認証パスワード 入力コード:2951
コメント投稿時の注意事項等

」が付いている項目は入力必須です。


タグ等の特殊記号は使用出来ません。


「メールアドレス」・「編集・削除キー」の入力は任意となっております。メールアドレスを記入頂いた際においても、メールアドレスが公開される事は一切ありません。


-「編集・削除キー」に関して-

「編集・削除キー」を入力した際には、忘れない様に注意して下さい。未入力の場合、コメント投稿後の「編集・削除」が出来ない仕様となっておりますので、予めご了承下さい。


-コメントする内容について-

広告、第三者に対する誹謗中傷、公序良俗に反する書き込みは絶対にお止め下さい。

不適切な書き込みが確認された場合は、予告なく記事を削除することがあります。


以上の事をご了承の上、投稿をお願い致します。ご協力の程、お願い致します。

本製品と関連性のある記事(こちらもどうそ!)

NEC Direct(NECダイレクト)

FUJITA_KINZOKU-拡大画像-01 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-02 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-03 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-04 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-05 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-06 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-07 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-08 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-09 FUJITA_KINZOKU-拡大画像-10