こもれびゅーklog.webcrow.jp

ようこそ こんばんは! 

本日は、平成 30年 9月 26日 (水)

アドテック Bluetooth USBアダプター AD-BTA12013年5月1日(水)

製品パッケージ・外観

AD-BTA1-拡大画像-01 AD-BTA1-拡大画像-02 AD-BTA1-拡大画像-03 AD-BTA1-拡大画像-04 AD-BTA1-拡大画像-05 AD-BTA1-拡大画像-06 AD-BTA1-拡大画像-07 AD-BTA1-拡大画像-08 no_image no_image

All About スタイルストア

購入情報・製品仕様

購入情報purchase information
購入日時 2011年 12月頃
購入場所 amazon.co.jp
購入金額 980円
製品仕様product specifications
メーカー名 アドテック(ADTEC)
型番 AD-BTA1
サイズ(mm) 幅=12×高さ=4.7×奥行=30
重量(g) 1
適合規格 Bluetooth Ver2.1+EDR
発信出力 Class1対応
転送方式 FH-SS
通信距離 約 100m (環境によって異なります)
最大通信速度 約 2.1Mbps (環境によって異なります)
対応プロファイル DUN、FAX、LAP、SPP、HID、HCRP、FTP、OPP、A2DP、AVRCP、GAVDP、HSP、HFP、PAN、BIP
対応OS Windows Vista、Windows XP(SP2以降)、Windows2000(SP4以降)/Mac OS 10.4.7以上
RoHS指令 対応
内容物 Bluetooth USBアダプター本体、8cm CD-ROM、シリアルNo.らしきシール
生産国 台湾

購入先情報(販売店へのリンク)

製品レビュー

製品の概要

アドテックが販売している、Bluetooth USBアダプターです。(Class1対応)

Bluetooth機能を搭載していないパソコンのUSBポートへ接続し、Bluetooth機能を追加するアダプタです。

「Bluetooth ドングル(Dongle)」とも呼ばれています。(ドングル(Dongle)=小さな装置を指す俗語。)

現在、メーカーでの生産は完了していますが、まだ販売しているお店もあるみたいです。(流通在庫のみ?)


以前にレビュー行った「AD-BTA2」は発信出力がClass2(通信距離=10m)でしたが、本製品「AD-BTA1」は発信出力がClass1(通信距離=100m)となっております。「AD-BTA1」との違いは、この通信距離の違いだけで、対応プロファイル等 他仕様は「AD-BTA2」と同じ様です。


内容も「AD-BTA2」と重複するところが多々あります。(ほぼコピペ)

ご了承下さい。

製品の特徴(メーカーHP等より引用・抜粋)

「AD-BTA1」は、Bluetooth機能を搭載していないパソコンのUSBポートへ接続し、 Bluetooth機能を追加するアダプタです。

本製品では最大通信距離100mの長距離データ通信も可能となりました。

Bluetooth V2.1+EDRに対応し、BluetoothV1.2と比べデータ転送速度が約3倍に向上、もちろんRoHS指令にも対応しており、環境に優しい製品です。


■高感度アンテナ搭載

Class1対応のつき、Class2の10倍である通信距離100mを実現


■ワイヤレスで携帯と接続

携帯電話からパソコンへのデータ転送の他、Bluetoothによるマウスやキーボードをワイヤレスで使用することがメーカー、機種問わず使用可能です。


■当社製品に公式対応

アドテックリリースのBluetooth製品との連携が可能です。

パソコンでワイヤレスで音楽を楽しんだり、データを送受信ができるなど、色々な可能性が広がります。

もちろん、他Bluetooth製品との連携もプロファイルによって可能です。


引用元:http://www.adtec.co.jp/products/AD-BTA1/index.html

デザイン

個体はプラスチック、接続端子は剥き出し。LEDは内部に装着されています。

本体ズームアイコン

「AD-BTA2」に比べると長さがある。

ドライバインストール方法

様々な入力デバイスに接続できるみたいですが、手持ちのBluetooth対応機器がマウスしかない為、マウスのみの検証となります。

使用したマウスは以前レビューした「DIATEC FILCO Bluetooth レーザーマウス」です。


アダプターをUSBポートへ接続する前に、先ずはドライバのインストールします。(付属のドライバは東芝製スタック。)

1).ドライブにCD-ROMを入れインストールを開始します。

2).インストールの途中で、Bluetooth USBアダプターの接続を促すメッセージが表示されるので、この時Bluetooth USBアダプターをPC本体USBポートに接続します。

以上でドライバのインストールは終了です。(再起動を促すメセージが表示された場合は再起動します。)


次にペアリング(使用機器の接続)を行います。

3).接続機器を接続可能な状態にしておき、タスクトレイのBluetoothアイコンを右クリックし、表示された項目から「新しい接続の追加」を選択します。

タスクトレイズームアイコン

リストズームアイコン

4).接続機器の検索及び接続が自動的に始まります。

ウィザードズームアイコン

以上で接続機器完了です。(接続機器によってはパスキーの入力を求められてきます。)



接続が完了するとスタックのBluetooth設定画面にアイコンが表示されます。

設定画面アイコンズームアイコン

*付属のドライバは最新のOSに対応していない可能性があります。最新バージョンはこちらからダウンロードして下さい。

しかし、「For TOSHIBA notebooks」となっております。なので自己責任でお願いします。

使用感

本体サイズが「幅=12×高さ=4.7×奥行=30」とコンパクトサイズで、重さも「1g」と軽量な製品となっています。


マウスのみの接続ですが、今のところ不具合の発生はありません。

気になる点としては、アダプターをUSBポートに接続すると青色のLEDが常に点滅する事です。(PCの電源を落としても。)デスクトップPCの裏であれば問題ないかもしれないが、ノートPCだと、「チカチカ」して目障りかもしれません。

スタックに関しては、東芝製の物しか使用した事はありませんが、特に使いにくい・不便と感じる事は無く、容易に設定等行う事ができました。

総評

現在販売されている最新のBluetoothバージョンは「4.0」となっており、本製品は「2.1」と旧バージョンとなっております。接続機器との兼ね合いもありますが、接続機器のバージョン「2.1」の製品が現在も多く、当分の間はこちらの製品で事足りると思います。

後々の事を考え 又、「大は小を兼ねる」で、最新バーションのアダプターを購入するも有りかと思います。


Bluetooth対応のプリンタがあれば、ワイヤレス印刷が出来たりと、いろいろな活用してくれそうです。


既存のPCに安価でBluetooth環境が整備できたので充分満足しております。

その他・備考

製品情報 (アドテック HP)



★こちらのショップからも購入出来ます★

アキバデバイス

ADTEC Bluetooth USBアダプタ AD-BTA1

タグ

購入先情報(販売店へのリンク)

コメント欄(入力及び表示)

お名前
メールアドレス
件名
コメント
編集・削除キー
認証パスワード 入力コード:2255
コメント投稿時の注意事項等

」が付いている項目は入力必須です。


タグ等の特殊記号は使用出来ません。


「メールアドレス」・「編集・削除キー」の入力は任意となっております。メールアドレスを記入頂いた際においても、メールアドレスが公開される事は一切ありません。


-「編集・削除キー」に関して-

「編集・削除キー」を入力した際には、忘れない様に注意して下さい。未入力の場合、コメント投稿後の「編集・削除」が出来ない仕様となっておりますので、予めご了承下さい。


-コメントする内容について-

広告、第三者に対する誹謗中傷、公序良俗に反する書き込みは絶対にお止め下さい。

不適切な書き込みが確認された場合は、予告なく記事を削除することがあります。


以上の事をご了承の上、投稿をお願い致します。ご協力の程、お願い致します。

本製品と関連性のある記事(こちらもどうそ!)

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】 航空券にホテルをプラスで、Air+割

【468*60】特価品

AD-BTA1-拡大画像-01 AD-BTA1-拡大画像-02 AD-BTA1-拡大画像-03 AD-BTA1-拡大画像-04 AD-BTA1-拡大画像-05 AD-BTA1-拡大画像-06 AD-BTA1-拡大画像-07 AD-BTA1-拡大画像-08