こもれびゅーklog.webcrow.jp

ようこそ おはようございます! 

本日は、平成 31年 6月 20日 (木)

CoolerMaster Quick Fire Rapid 黒軸 SGK-4000-GKCC1-JP2013年1月18日(金)

製品パッケージ・外観

SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-01 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-02 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-03 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-04 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-05 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-06 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-07 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-08 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-09 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-10

【468*60】特価品

購入情報・製品仕様

購入情報purchase information
購入日時 2012年 12月頃
購入場所 Justmyshop
購入金額 3849円
製品仕様product specifications
メーカー名 CoolerMaster
型番 SGK-4000-GKCC1-JP
キーナンバー 91キー(日本語配列カナ印刷なし)
ポーリングレート
(レポートレート)
1ms(1,000Hz)
サイズ(mm) W=355×D=135×H=35
インターフェース USB、PS/2
重量(g) 940
アクセサリー 交換用キーキャップ×6
キーキャップ取り外し用工具×1
生産国 台湾

購入先情報(販売店へのリンク)

製品レビュー

製品の概要

CoolerMasterが製造・販売している、メカニカルスイッチを採用した高性能ゲーミングキーボードです。

製品の特徴(メーカーHP等より引用・抜粋)

■ゲーマー向けに特化した「CM Storm」シリーズ


■抜群の操作感を提供する高性能CHERRY MXスイッチ(茶軸/黒軸/赤軸)を採用


■ゲームでも普段使いでも使いやすいカナ印刷なしの日本語配列キーボード


■個性的な交換用オリジナルデザインキーキャップを付属


■キートップへの刻印には擦れに強いレーザー刻印を使用


■ゲームに不要なWindowsキーは無効化が可能


■PS/2モードでの全キー同時認識(Nキーロールオーバー)に対応


■キーボード表面は高級感のあるラバーコーティング仕様


■高速な1000Hz(1ms)のレポートレート


■ケーブルの出口を後方または左右の3方向に変更可能


■マウスパッドを横に置けるコンパクトなボディ


引用元:http://www.coolermaster.co.jp/product.php?product_id=6741

デザイン

キー配列は、一般的なテンキーレス日本語配列です。カナ印字は無く、スッキリとしたデザインです。

キートップ印字ズームアイコン

キートップの印字部分。

日本製キーボードには見られないフォントが使われています。

キートップの傾斜の種類は、ステップスカルプチャ形式となっています。

ステップカルプチャズームアイコン

傾斜は、ステップスカルプチャ形式。

一般的なキーボードに採用されているフレーム部のLEDインジケーターランプが、本製品ではキートップ埋め込みタイプになっています。(LEDは全て赤色、CAPS-LOCK/F9/SCR-LKの3箇所)

埋め込みLED_01ズームアイコン

「CAPS-LOCK」部のLED。

埋め込みLED_02ズームアイコン

「SCR-LK」部のLED。

USBケーブルは脱着式となっており、メンテナンス時等には利便性を感じる事が出来るかと思います。又、ケーブルの取り回しが「上・左・右」の3方向から行える様に工夫されています。

ケーブル取り回しズームアイコン

上・左・右の3方向からケーブルが取り出せる構造となっています。

カーソルキー上部、ESCとF1の間、フレームトップ部の合計3箇所にメーカーロゴが印刷されています。

ロゴズームアイコン

ロゴマーク及び「CMSTORM」の文字が印刷されています。

キーボード表面に、ラバーコーティングが施されており、落ち着いた感じで 又、高級感も有ります。

個体のフレーム部分の要らない部分が削ぎ落とされており、非常にスッキリとした印象です。

キートップの印字がこれまでに見た事の無い独特なフォントが仕様されています。(非常にかっこ良い!!)

使用感

本体サイズが「W=355×D=135×H=35mm」とコンパクトな為、机でのキーボード占有率が下がり 又、テンキーレスでマウスとの位置が近くなり操作環境が改善されました。


キーボード本体裏にズレ防止のラバーが4点装着されているので、キーボード操作時にずれる事はありませんでした。

背面ラバーズームアイコン

キーボード裏面ラバー部分

背面のラバー装着部。

チルトスタンドズームアイコン

チルトスタンド部。

本体自体も重量があり、安物に在りがちな本体が撓む様な事は全く無く、剛性が有りしっかりとした造りです。


■打鍵感■

キーストロークは4mmと深め?で、ONする位置は約半分の2mmの位置となっています。

キーを押し下げていくと荷重が重くなる様になっており、4mm時(底打ち)には約80gの荷重が掛かる様になっています。これは個人差もあると思いますが、慣れてくると特に重いと感じる事は無く、操作する事が出来ると思います。(CHERRY MXスイッチの中では一番荷重の重い黒軸なのですが、個人的にはそれほど重いと感じる事は無りませんでした。)

尚、スイッチ構造がリニアタイプ(ストロークに比例し、荷重が重くなっていく)な為、クリック感は一切ありませんでした。

軸部アップズームアイコン

通称「黒軸」。

総評

今まで使用してきたメンブレンキーボードと同じ様に打鍵すると、底打ちしてしまいカチカチ音がします。ちょっと五月蝿いです。底打ちしない様、キーを撫でる感じ?でタイプすると、音が緩和されます。慣れが必要になってくると思います。

五月蝿いのがどうしても嫌!と言う方は避けた方がよいです。

(音の発生は、底打ち時にフレームに当たる音と、キーキャップから手を離した時の跳ね返りの音です。)

しかし、「手に伝わってくる感触」等、五月蝿さがあっても余りある魅力がメカニカルキーボードにはあると思います。


大変満足出来た商品です。ほぼ毎日キーボードを使うので、キーボードを変えただけなのですが環境がガラっと変わった印象です。

タイピングするのが楽しくなるキーボードです。


「FN」キーを押す事で利用できる、メディア操作(音量調整・早送り等)が意外に便利でした。


接続インターフェースが「PS/2」・「USB」両方使えるのは大変便利です。


ゲーミングキーボードと銘打って販売されていますが、全くゲームをしない自分でも一般用途においては、特に問題なく快適に利用出来ます。


全面フレーム部は少し高さ(約2cm程度)があるのでリストレスト(パームレスト)があった方が手首に負担を掛けずに良いかと思います。

全面フレーム高さズームアイコン

キーボード前面部分。

唯一気になって点

キートップの「ガタ」・「遊び」が少し大きい事です。



本製品の特徴にある「PS/2モードでの全キー同時認識(Nキーロールオーバー)に対応」と言う事なので、下記サイトにてキーの同時認識の確認してみました。


http://www.microsoft.com/appliedsciences/content/projects/KeyboardGhostingDemo.aspx


結果:

物理的に全部のキーは押せませんが、多くのキーを認識してくれました。(ゲームをしない自分にはあまり重要性は感じませんが、同時押しを必要とするゲームには重宝する?みたいです。)

同時押しキャプチャズームアイコン

本製品は、スイッチの特性の違う3機種(黒軸・茶軸・赤軸)が販売されています。店頭等で試打が出来るのであれば、自分に合うフィーリングの物を選んでみてはいかがですか。


各スイッチの特性はメーカーHP等で確認する事が出来ます。尚、下記にメーカーHPに記載されているスイッチ特性のグラフを掲載していますので、そちらでも違が解るかと思います。参考にしてみて下さい。

黒軸 茶軸
特徴 表記4種類のスイッチの中で、荷重が一番重い機種となります。
ストロークに比例して荷重が増えて行きます。
ストローク「2/4mm」の所にONポイントがあります。ON時のクリック感が全くありません。(特性グラフ参照)
底打ち時(フルストローク時)には、約80cNの荷重が掛かります。
表記4種類のスイッチの中で、荷重が一番軽い機種となります。
ストローク「1.2/4mm」のところに荷重頂点があり、荷重が抜けた辺りにONポイントがあります。クリック感が感じられると思います。
底打ち時(フルストローク時)には、約60cNの荷重が掛かります。
特性グラフ 黒軸特性グラフ 茶軸特性グラフ
赤軸 青軸
特徴 黒軸と同様にストロークに比例して荷重が増えて行きます。
ストローク「2/4mm」の所にONポイントがあります。ON時のクリック感が全くありません。(特性グラフ参照)
底打ち時(フルストローク時)には、約60cNの荷重が掛かります。
※本製品のラインナップには含まれていません。
茶軸より荷重頂点がほんの僅かに高いももの、荷重が軽い機種となります。
ストローク「1.8/4mm」のところに荷重頂点があり、その直ぐ後にONポイントがあります。クリック感が感じられると思います。
底打ち時(フルストローク時)には、約60cNの荷重が掛かります。
更に打鍵時に「カチッカチッ」と軽いクリック音の鳴るのが特徴として挙げられます。
特性グラフ 赤軸特性グラフ 青軸特性グラフ

※cN→gfへ変換する場合は「×1.02」

その他・備考

商品詳細 (CoolerMaste HP)



キー荷重の特性については、製造メーカーのHPに詳しく掲載されています。

http://www.cherrycorp.com/english/switches/key/mx.htm



★購入はこちらから★

Justmyshop

CoolerMaster Quick Fire Rapid 黒軸 SGK-4000-GKCC1-JP



詳しいレビューがこちらにも書かれています。

アキバ最新情報サイト -エルミタージュ秋葉原-

エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.116 Cooler Masterゲーミングブランドの自信作 CM Storm 「Quick Fire Rapid」


4Gamer.net

赤軸,茶軸,黒軸搭載モデルが用意されたメカニカルキーボード 「CM Storm Quick Fire Rapid」

タグ

購入先情報(販売店へのリンク)

コメント欄(入力及び表示)

お名前
メールアドレス
件名
コメント
編集・削除キー
認証パスワード 入力コード:8977
コメント投稿時の注意事項等

」が付いている項目は入力必須です。


タグ等の特殊記号は使用出来ません。


「メールアドレス」・「編集・削除キー」の入力は任意となっております。メールアドレスを記入頂いた際においても、メールアドレスが公開される事は一切ありません。


-「編集・削除キー」に関して-

「編集・削除キー」を入力した際には、忘れない様に注意して下さい。未入力の場合、コメント投稿後の「編集・削除」が出来ない仕様となっておりますので、予めご了承下さい。


-コメントする内容について-

広告、第三者に対する誹謗中傷、公序良俗に反する書き込みは絶対にお止め下さい。

不適切な書き込みが確認された場合は、予告なく記事を削除することがあります。


以上の事をご了承の上、投稿をお願い致します。ご協力の程、お願い致します。

本製品と関連性のある記事(こちらもどうそ!)

  • サムネイル画像

    DIATEC FILCO ZERO「ゼロ」 日本語108キーボード(かなあり)

    詳細ページへ

Kojima.net(コジマネット)【PC・携帯共通】

SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-01 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-02 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-03 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-04 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-05 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-06 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-07 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-08 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-09 SGK-4000-GKCC1-JP-拡大画像-10