こもれびゅーklog.webcrow.jp

ようこそ こんばんは! 

本日は、平成 31年 8月 20日 (火)

メディアステンシル2014年1月12日(日)

購入先情報(販売店へのリンク)

製品レビュー

製品の概要

CD-R・DVD-R等々の記録メディアに対し、どのメディアに何を記録したのか、管理はどの様にされていまか?記録メディア本体のレーベル面・ケースのラベル等々に中身がわかる様に印刷や手書きされている方も多いと思われます。数枚程度であれば問題無いのですが、枚数が多くなってくるとこの作業が結構面倒になってくると思われます。そんな時、簡単にどのメディアに何を記録したのかを管理する為のソフトウェアが「メディアステンシル」になります。

本ソフトウェアはフリーソフトとなっています。

ダウンロード

「和泉屋」さんでダウンロード出来ます。

URL:http://www.eva.hi-ho.ne.jp/izumiya/index.html


メディアステンシルのダウンロード先

URL:http://www.eva.hi-ho.ne.jp/izumiya/stencil/


現在のバージョンは「Version 3.20」となっています。

使用感

インストール後、「メディアステンシル」を起動させます。


【起動画面】

起動画面ズームアイコン

記録を開始する為に「新規ファイル」ボタンをクリックします。次に「新規読み取り」ボタンをクリックすると、読み取るドライブ・フォルダの選択画面が表示されますので、メディアドライブやHDD内フォルダを選択します。その後、読み取りが開始されます。

操作手順_01ズームアイコン

読み取られたドライブ・フォルダ及びファイルが表示されますので、確認します。(今回は、HDD内のフォルダを読み取っています。)

操作手順_02ズームアイコン

【追加読み取り】ボタンをクリックすれば、他メディア・フォルダの情報も追加することが可能です。


正常に読み取りが終わりましたら、アイコンメニューの「保存」ボタンをクリックし、名前を付けて保存します。

操作手順_03ズームアイコン

「.frs」形式で保存した場合、保存したファイルを開く事で、記録した内容を読み取る事が出来ます。



以上、簡単ではありますが、本ソフトウェアの使い方となります。

総評

CD-R・DVD-Rに重ならない様に「番号」や「名前」だけを付けておけば、PC上で簡単に探し出すことが出来るので管理も楽で大変重宝しています。


検索機能も備わっており、目的のファイルがどのメディアにどこに保存されているかを瞬時に探しだしてくれるので大変便利です。


インターフェースがとてもシンプルで、とても使いやすいソフトウェアでした。

その他・備考

ダウンロード先

URL:http://www.eva.hi-ho.ne.jp/izumiya/stencil/

タグ

購入先情報(販売店へのリンク)

コメント欄(入力及び表示)

お名前
メールアドレス
件名
コメント
編集・削除キー
認証パスワード 入力コード:5783
コメント投稿時の注意事項等

」が付いている項目は入力必須です。


タグ等の特殊記号は使用出来ません。


「メールアドレス」・「編集・削除キー」の入力は任意となっております。メールアドレスを記入頂いた際においても、メールアドレスが公開される事は一切ありません。


-「編集・削除キー」に関して-

「編集・削除キー」を入力した際には、忘れない様に注意して下さい。未入力の場合、コメント投稿後の「編集・削除」が出来ない仕様となっておりますので、予めご了承下さい。


-コメントする内容について-

広告、第三者に対する誹謗中傷、公序良俗に反する書き込みは絶対にお止め下さい。

不適切な書き込みが確認された場合は、予告なく記事を削除することがあります。


以上の事をご了承の上、投稿をお願い致します。ご協力の程、お願い致します。

本製品と関連性のある記事(こちらもどうそ!)

富士通

ビックカメラ.com