こもれびゅーklog.webcrow.jp

ようこそ こんにちは! 

本日は、平成 31年 8月 25日 (日)

ACDSee Video Converter Pro 42015年2月14日(土)

購入先情報(販売店へのリンク)

ACDSee Video Converter Pro 4

製品レビュー

製品の概要

ACD Systemsが開発・販売している、操作方法が簡単で、動画を様々な他のフォーマット形式に変換してくれるソフトウェアの「ACDSee Video Converter Pro」のバージョン「4」です。

製品の特徴(メーカーHP等より引用・抜粋)

■DVDの書き込み(Pro版のみ)■

一連の動画を焼いて ISO イメージファイルとして処理し DVD を作成したら、NTSC および PAL システムのプレイヤーで再生しましょう。撮影した動画を DVD プレイヤーで再生して楽しめます。子供の運動会の動画を DVD に焼いて遠くにいるおばあちゃんやおじいちゃんに送れば、きっと喜ばれます。


■DVDのコピー(Pro版のみ)■

コピー保護されていない DVD なら、MP4、AV、MOV および WMV はじめ良く使われるフォーマットへ変換してハードディスクに保存することができます。バックアップ目的はもちろんのこと、DVD を他のフォーマットへ変換後、さらにモバイルなどポータブルデバイスフォーマットへ変換すれば、外出先でも再生できます。


■3つのステップで動画を変換■

動画をすばやく変換するのに必要なのは次の3ステップだけ

1.追加ボタンの "+" をクリックして、動画を選択

2.出力ファイル形式を選択

3."すべてのタスクを開始" ボタンをクリックしてタスクを開始


■複数の動画をそれぞれ違うフォーマットでも同時変換■

複数の動画をリストに追加して、それぞれ違うフォーマットを選択します。"すべてのタスクを開始" ボタンをクリックして、タスクを開始するだけ。同時変換が実行されます。しかも同時変換が完了したら自動でプログラムを終了するよう設定したり、いつでも好きなときに一時停止や再開することも自由自在です。


■一般的に良く使われる動画および音声フォーマットに広く対応■

のフォーマットの動画/音声を自在に変換します

AVI, MP4, MKV, FLV, 3GP, 3G2, WMV, MOV, VOB, MPG, PSP, M4V, VCD, DVD, ARM, ASF, AVS, SWF, MPEG, MTV, OGG, H261, H263, H264, MP3, M2TS などなど。


■オンラインで共有■

大切な動画はお友達や家族と共有して、発信しましょう。ACDSee Video Converter は動画を自動で最適化するので、他の操作や媒体なしに YouTube へ直接アップロードすることができます。もちろん Facebook と Twitter にも同時にアップロード可能です。


■ポータブルデバイス専用フォーマットが充実■

あらゆるタイプのポータブルデバイス向けにプリセットされたフォーマットへすぐに変換することができます。

ポータブルデバイス一例:iPhone 5, iPad, Samsung Galaxy S4, Apple TV, PSP, Zune

モバイルフォン一例:HTC, Google Nexus One, Motorola, BlackBerry, Nokia

ゲームコンソール:PS3 および Xbox 360。


■完全カスタマイズ可能な出力プリセット■

フレームサイズおよび動画と音声のビットレートを選択してお好みの出力フォーマットを作成したら、"ユーザー定義" プリセットとして保存しましょう。以降そのプリセットを選択するだけで、毎回設定する手間なくお好みのフォーマットへ出力することができます。


■お使いのスクリーンサイズに合わせて■

注目のスマートビデオアスペクト機能により、どんなデバイスでもそのスクリーンをフル活用することに成功いたしました。入力する動画の縦横比が出力するファイルの縦横比に一致していないときでも、ACDSee Video Converter が入力する動画を自動でトリミングするので、フルスクリーンで再生することが可能です。


■音声だけの保存も■

お持ちの動画から音声だけを抽出したいときも、かんたんです。ダウンロードした動画のバックグラウンドミュージックをだけを MP3 や WMA などのオーディオフォーマットへ変換したら、iPhone や iPod、Android などモバイルデバイスで再生可能となります。


■選べるスキン■

シルバーから木目(ウッド)まで、選べる 6 色をそろえました。ユーザーインターフェースの色をその日の気分に合わせてワンクリックで変更しましょう。


■サポートされている入力ファイルフォーマット■

AVI MP4 MKV FLV 3GP 3G2 WMV MOV VOB MPG PSP M4V VCD DVD ARM ASF AVS SWF MPEG MTV OGG H261 H263 H264 RM VID BFI C93 DRC DNXHD DSICIN DV DIF DXA EA FFM FLIC V4L GXF CIN CGI MVE LMLM4 LIBDC1394 NUT MJPEG M1V M2V M2T M2TS MVI MXF V NSV NUV OGV V4L2 RCV VMD PVA R3D YUV CIF GCIF RGB RL2 ROQ RPL CPK VB SON SMK STR THP SEQ TXD VC1 4XM VFM WC3 VQA Y4M


■サポートされている出力ファイルフォーマット■

AVI WMV MP4 3GP FLV MOV ASF M4V MKV DV MPEG1 MPEG2 VOB WMA MP3


■サポートされているモバイルプロファイル■

Apple iPhone 3G/4/4S/5, iPod Touch/Touch 4/5/Classic/Nano, iPad, iPad 2, the new iPad, Apple TV 2/3; Samsung S II/III/4, Wave723; Nokia N86, 7230, 5233, N76, N82; Blackberry 8520, Curve 8300, Bold 9900, Bold Series; LG Optimus 4X HD P880; HTC Flyer, Sensation, Vivid; Motorola RAZR HD; Sony Ericsson W700I; Microsoft Zune 等。


■Pro版には特典がいっぱい■

ACDSee Video Converter Pro 4の主な機能:複数の動画を異なったフォーマットへ同時変換、iPhone 5、Samsung Galaxy S 4、iPad および Apple TV に対応、選べる 6色のスキン、YouTube および Facebook、Twitter への直接アップロード機能に加え、DVD への焼き込みおよび DVD コピーなど便利な DVD 操作機能。


引用元:http://www.acdsee.jp/products/acdsee-video-converter/pro

【動作環境・システム要件】

ハードウェア:

Intel-Pentium 4 1GHzまたはそれ以上

92MBのハードディスク空き領域100MBを推奨

RAM 512MB以上を推奨

ソフトウェア:

対応OS:Windows 8、7、Vista、XP

使用感

今回、Windows XP搭載のPCへインストールしました。


インストールは特段難しく無いので手順等々は省略します。



起動して初めに表示される画面でメイン画面となります。

メイン画面ズームアイコン

【操作手順(変換手順)】

まず、変換したいファイルを選択します。やり方は3パターンあります。

パターン1.メニューのファイルから「ビデオファイルを追加」をクリックしファイルを選択。

パターン2.画面左上の「ビデオファイルを追加」ボタンをクリックしファイルを選択。

パターン3.画面中央部にドラック&ドロップしファイルを選択します。

操作手順_01ズームアイコン

次に変換フォーマットを選択します。

上記手順でファイルを選択すると画面中央部にビデオクリップが追加されますので、「出力フォーマットを変更」ボタンをクリックします。

操作手順_02ズームアイコン

「出力フォーマットを変更」ボタンをクリックすると下記画面が表示されますので、出力フォーマット及びその詳細の設定を行います。

操作手順_03ズームアイコン

「出力タイプ」・「出力フォーマット」をプルダウンメニューから選択します。「出力フォーマット」の右側プルダウンメニュー項目「入力ベース」以外を選択すると、フレームサイズやビットレートの詳細設定が可能となります。

操作手順_04ズームアイコン
操作手順_05ズームアイコン

詳細設定を行うと、ユーザー定義プロファイルとして保存する旨のダイアログメッセージが表示されますので、ファイル名を入力して保存します。

これが意外と面倒で、保存しないと設定通り使用出来ない仕様となっています。


今回は、下記画面の設定で保存してみました。

操作手順_06ズームアイコン

最後に出力先を設定した後、「変換」ボタンをクリックします。

変換作業が開始されますので、あとはそのまま。

操作手順_07ズームアイコン

【その他】

オプション画面

オプション画面の構成は「全般」・「変換」・「Perfomance」・「完了」で、タブで分けられています。よく使用する項目としては「Perfomance」。

「Perfomance」では、「変換品質」や「タスク数」の選択ができます。

変換品質は、「早い」・「中間」・「遅い」の3つから選択。※「遅い」が変換品質が良い。

タスク数は、「1」・「2」・「3」の3つから選択。※「1」だと複数動画の同時変換は出来ない。

オプション画面ズームアイコン

総評

動画変換には今まで「PEGASYS TMPGEnc 4.0 XPress」を長らく使用してきたのですが、個人的に使用頻度の高い「FLV」形式の出力に対応しておらず(有料オプションでは有)困った場面が多々あり、「FLV」出力に対応した変換ソフトを物色していたところ、安価に販売されていた本「ACDSee Video Converter Pro 4」が目に止まり、性能も要さそうなので物は試しと購入してみました。


使用してみて感じた事は、入力対応ファイルのフォーマットの種類も多く 又、出力フォーマットに関してもPC・モバイル共に良く使われるフォーマットに対応、概ねカバーしている様に感じ、好印象。

出力フォーマット画面ズームアイコン

大変操作性が良く且つ簡単で、下記に記載した【困った点】以外は大変満足出来る商品でした。

しかしながら性能面では「PEGASYS TMPGEnc 4.0 XPress」と比較すると落ちる感があります。(値段も違いますしね。)



【操作性】

変換手順・操作方法は至って簡単でした。

メーカーが謳っている通りとても簡単で、「変換するソースファイルを選択」→「出力ファイル形式を選択」→「変換スタート」と言った感じです。

出力ファイル形式を選択時に、画面サイズやビットレート等々の設定を行う際にちょっと時間を取られるだけです。


【変換スピード】

動画変換はPCのSPECに依存する部分が大きく一概には言えず 又、比較対象となるソフトウェアをあまり持っていないので個人的な印象に過ぎませんが、結構高速?で変換している印象をもちました。

あくまで参考データーとして、ブルーレイのハイビジョン画質の「m2ts」ファイル約18GBを「FLV」形式へと変換するのに要した時間を計測したところ、「約3.5時間」で終了しました。

『入出力ファイル及び設定の詳細』

入力ファイル=ファイル形式:m2ts(MPEG2-TS)、ファイルサイズ:18GB、画面サイズ:1920×1080

設定条件=ファイル形式:FLV(コーデック:H.264)、ビットレート:2000kbps、画面サイズ:720×480、フレームレート:29.97fps、

出力ファイル=ファイル形式:FLV、ファイルサイズ:約1GB


【困った点】

【コピー保護されていない DVD なら、MP4、AV、MOV および WMV はじめ良く使われるフォーマットへ変換してハードディスクに保存することができます】と記載があったので、DVDから直接フォーマット変換出来るかと思っていましたが、実際行ってみるとフォーマットが対応していない旨のダイアログが表示され変換出来ませんでした。

DVDで試した事は下記。

1.DVDメディアをドライブにマウントさせ、メニューの「DVDコピー」からそのメディアをソースファイルとし選択した後、出力ファイルを選択→変換スタート。

2.DVDフォルダ「VIDEO_TS」及び「VIDEO_TS」内の「VOB」ファイルをソースファイルとして選択。

※1.に関しては、変換スタートは出来るが1秒程度で終了しファイルが出力されてします。

※2.に関しては、選択時にエラーがでる。


コピーガード等々が起因している事象かも知れないが、詳細は不明。



安価で販売されていますので、気になった方は是非チェックしてみてください。

その他・備考

製品情報 (ACD Systems HP)

タグ

購入先情報(販売店へのリンク)

ACDSee Video Converter Pro 4

コメント欄(入力及び表示)

お名前
メールアドレス
件名
コメント
編集・削除キー
認証パスワード 入力コード:1262
コメント投稿時の注意事項等

」が付いている項目は入力必須です。


タグ等の特殊記号は使用出来ません。


「メールアドレス」・「編集・削除キー」の入力は任意となっております。メールアドレスを記入頂いた際においても、メールアドレスが公開される事は一切ありません。


-「編集・削除キー」に関して-

「編集・削除キー」を入力した際には、忘れない様に注意して下さい。未入力の場合、コメント投稿後の「編集・削除」が出来ない仕様となっておりますので、予めご了承下さい。


-コメントする内容について-

広告、第三者に対する誹謗中傷、公序良俗に反する書き込みは絶対にお止め下さい。

不適切な書き込みが確認された場合は、予告なく記事を削除することがあります。


以上の事をご了承の上、投稿をお願い致します。ご協力の程、お願い致します。

本製品と関連性のある記事(こちらもどうそ!)

かしこい旅、エクスペディア

富士通(旧FMVバリューシリーズキャンペーン)